前田健太のメジャー移籍前の評価は?入札球団と年俸予想!

前田健太のメジャー移籍前の評価は?入札球団と年俸予想!

2015年11月。世界野球『プレミア12』を3位で終えた日本代表。

代表メンバーのマエケンは自身の去就について大会後と明言は避けていましたがポスティング制度によるメジャー移籍は確実だとされています。

カープファンならずとも注目しているメジャー移籍。アメリカの注目度も高いようですね!

もともと将来的なメジャー移籍を名言していたマエケンに興味を持つメジャー球団も多いです。移籍を希望しない選手の視察はなかなしないですよね。それもあってか日本のエースの視察はレギュラーシーズン中も多くの球団が実施していました。

マエケンの登板日はスピードガンを持つ外国人がたくさんいましたしね。

前田健太はいつ移籍する?

結局前田健太のメジャー移籍はいつなんだ?

そんなネットニュースを見ることも今年で終わりそうです。

正直カープとしてはマエケンの売り時を見計らっていたように思います。
年間10勝はしてくれる投手の移籍がチームに与える影響は大きいですからね・・それに見合った移籍金(ポスティング入札金)は確保しなければいけません。
入札金を考慮してかは分かりませんが球団は移籍に値する成績を残せばポスティングを認める方針だそうです。
2015年チームは4位でしたがマエケンは最多勝沢村賞を獲得し十分な成績を残しました。マエケンが希望すればメジャーリーガー前田健太の誕生も近いですね!

入札金と評価

現行のポスティングシステムの最高入札金2000万ドル(約24億円)は確実と言われています。
マエケンの抜けた穴を24億でどう埋めるか球団の手腕も問われることになるでしょうがネットではすでに24億の使い道で盛り上がっています!

Mazdaドームにするだとか面白い意見も多かったです。気になる方は調べてみてくださいww

マエケンのメジャー評価に話を戻します。

実際にマエケンの評価は高いですし欲しがる球団は10球団はあると言われていますね。

アメリカの移籍情報サイトのFA選手ランキングでは14位に入っていました(マエケンはFAではないですが特例で入っていました)。これはかなりの高評価だと思います。
メジャーで実績のある岩隈久志25位。すでに上回っているのは話題性の影響もあるでしょうが元中日のチェン13位にランクインしていて年俸予想が5年総額8000万ドル(約98億円)を考えるとますます去就が気になります!

すでにアメリカでも『MAEDA』の名前は有名らしいので移籍報道も多いのかなと思います。
マエケンだけでなくアメリカでアジア人の評価が上がっているのは確かで、投手は日本。打者は韓国の流れになっているような気がします。(管理人の感想)

しかしながらそこまで評価されていないのでは?と思わせるようなニュースも目にすることがあります。

ダルビッシュや田中と同じ評価は無いと断言するアメリカメディアもありました。詳細には先発の3番手以降の補強という見方が強いようでポスティングで入札してまで獲得するならメジャーFA選手で同等の選手を獲得する方が確実という考えのようでした。(今年のFA選手は豊作みたいなので)

入札ライバルを減らすためなのか分からないですが、前述のような意見があったので実際の評価は移籍後でないとはっきりしません・・
それでも田中のマー君のようなフィーバーは起こらないという予想であって、入札が殺到するのは確実ですね!

すでにダイヤモンドバックスは入札を名言していますし、ヤンキースやレッドソックスの名前もよく見ます。正直どの球団が入札しても不思議ではないので楽しみです!

最後に

最後は年俸予想です。

前述で少し触れましたがFAランキングで13位のチェンが5年98億と予想されていたことを考えると年俸10億から13億くらいではないでしょうか?

5年契約で50億から65億。もっと高いと言う意見もありますがポスティング入札金の24億を考慮するとこのくらいかなと思います!
競合球団が多くなればなるほど高騰しそうですがメジャーはオプションもたくさんあるので年俸だけでは決まらないですからね。

もし移籍するなら、広島のエースからメジャーに旅立った黒田のように活躍を期待したいです!