お知らせ2016年ドラフト指名選手の詳細をまとめました。Twitterでも更新情報などつぶやいています。是非フォローよろしくお願いします。

新井貴浩カープ復帰の裏側!カープへの思いが語られた書籍『赤い心』が泣ける

[公開日]2016/06/07
[更新日]2016/06/06

2015年。新井貴浩がカープへ復帰した。

文章やニュース映像で見れば、FAで移籍した新井が帰ってくる。それ以上でも以下でもない。歓迎するファンもいれば、今さらと興味を示さない人もいるだろう。それは新井貴浩本人が一番分かっていたことだ。

それでも、新井貴浩はカープに帰ってきた。当時は語られることはなかったが、大きな葛藤の末の決断。野球への思い。カープへの思い。そして周りの人に愛されていたからこそのカープ復帰。そのすべてが書籍『赤い心』に刻まれている。

カープへの裏切り

2000年代。新井貴浩といえばカープの4番。カープの支え。カープの顔でもあった。そんな新井のFA移籍はカープファンへの裏切りであり、多くのファンが怒り、悲しんだ。FA先が同リーグのタイガースであったことから試合では容赦ないブーイングが飛び交っていた。

この出来事は新井選手も忘れられないらしく、タイガースを自由契約になった際もファンが許してくれない「カープ復帰だけはない」そう思っていたそうだ。だが、そう思っていたのは新井選手のみで、実際、カープ復帰は多くの人に望まれていた。

タイガース退団の決意。カープ復帰を後押しした仲間たちのエピソードが書籍の中で詳しく語られている。ここでは書けないが、新井選手がいかに愛されている野球人であるか。カープをいかに愛しているかが伝わってくる。カープファンであれば涙なしには読めないだろう。

2015年シーズン

新井選手と同じくカープに復帰した黒田選手の復帰理由『一級の重み』それは新井選手も同じだった。キャンプから体に負荷をかけ、ケガすれば終わり。それくらいの気持ちで体をいじめていた。

結果、開幕前には右ひじの調子は悪く、代打起用がメインになった。それでも4番に座る外国人選手の離脱で4番に座り始めると結果を残し、存在感を発揮している。

復帰初打席は信じられないくらい緊張したそうだ。これは書籍の冒頭で当時の心境とともに詳しく紹介されている。一線で活躍してきたプロ野球選手の貴重な心情を知ることができ、書籍の冒頭方から一気に引き込まれてしまう。この場面だけで新井選手のFA移籍、そして復帰の葛藤が伝わってくる。

多くの人の支え

書籍では多くの人とのエピソードが登場する。兄貴分の金本や黒田。同期入団の東出や森笠。大学の先輩の高橋尚成や大学の監督、高校の監督。家族への思いや、弟の新井良太のことまで登場する。

野球は一人でするものではない。そういわれるスポーツだがそれはプライベートでも同じことが言える。そして新井選手は多くの人に支えられ2000本安打の偉業を達成した。

書籍は2016年開幕前に発売されており、2000本安打達成前であったことから、2000本達成より優勝。そう強く書かれていた。すでに2000本を達成し勝負強いバッティングでチームを牽引している2016年。あとは優勝のみ。

カープの未来

書籍では、自身のエピソードだけでなく、カープの未来にも触れている。期待する若手や球団の取り組み。ファンの増加やスタジアムの雰囲気まで新井選手の視点で述べている。そして将来的な指導者へのことも少し触れられていてファンとしては期待してしまう。

読み始めはカープ復帰の舞台裏の全貌を期待していたが、新井選手の野球人生が詰まった内容の濃い書籍で期待以上であった。書籍全般に興味が無くてもファンであれば是非手にしてほしい作品だ。

Sponsored link
Sponsored link
アンケート実施中

歴代ベスト9【抑え】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

歴代助人ベスト9【先発】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

カープクイズ(初級)

カープの歴史クイズ初級編です。
ファンなら余裕で全問正解できると思います。
ぜひ挑戦してみてください。(全10問)



宜しければシェアお願いします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link
Sponsored link

関連記事

  1. カープたる募金の真相
コメントをもらえると嬉しいです

【コメントの方法について】

コメントは管理人の認証が必要です。認証に時間がかかる場合があります・・ご了承ください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。