お知らせ2016年ドラフト指名選手の詳細をまとめました。Twitterでも更新情報などつぶやいています。是非フォローよろしくお願いします。

カープ1979年リーグ制覇と日本一!球史に刻まれた日本シリーズ!

[公開日]2015/10/21
[更新日]2016/09/10

1975年の初優勝から4年・・

監督は初優勝から変わらず『古葉竹識』が勤めています。

1979年にカープは2度目のリーグ制覇を達成し、球団創設30年目にして日本一に輝きました。
初優勝を経験したメンバーが成熟し高年齢化が進みましたが若手の台頭もあり、赤ヘル黄金期へと突入していきます。

この記事では79年優勝メンバーや基本オーダー、日本一までの軌跡を紹介します。

1979年 基本オーダー
打順 守備 選手 打率 本塁 打点 盗塁
1 高橋慶彦 .304 5 33 55
2 衣笠祥雄 .278 20 57 15
3 ライトル .264 23 61 6
4 山本浩二 .293 42 113 15
5 三村敏之 .288 12 60 1
6 水谷実雄 .260 23 69 2
7 ギャレット .225 27 59 3
8 水沼四郎 .277 4 24 5
9
1979年 主力投手
役割 選手 防率 セーブ
北別府学 3.59 17 11 0
池谷公二郎 4.88 12 8 0
福士明夫 3.57 7 9 1
山根和夫 2.90 8 4 0
大野豊 3.84 5 5 2
渡辺秀武 2.22 2 1 2
江夏豊 2.67 9 5 22

優勝候補の期待と重圧

1979年のカープはダントツの優勝候補に挙げられ開幕前から期待されていました。

それもそのはず、前年の打線はシーズン合計205本塁打(2015年は105本)を放ちカープ史上で最強打線だったからです。
1978年は前半戦の苦戦がひびき、3位でシーズンを終えていました。

1979年。基本オーダーは変わらずカープファンの期待は最高潮になり開幕を迎えます。

しかし・・

期待とは裏腹にカープは開幕4連敗を喫してしまいます。
期待と重圧は紙一重といいますが、前半戦は苦戦が続きました。

前年の打撃成績と比べると数値を落としている選手が多かったのも苦戦の原因かもしれません。
と言っても成績は良いいですけどね。

けれど、少なからずプレッシャーはあったと思います。
2015年のカープも重圧に負けた感じがじますし・・監督も含め・・

夏。慶彦。首位奪取!

79年シーズンは高橋慶彦の活躍なくして語れませんね。
記憶にも記録にも残る33試合連続安打はとても有名で、記録に迫れば現代でも引き合いに出されますしカープファンじゃなくても知っていると思います。

その記録を達成したのが7月31日。

最強のリードオフマンがヒットを重ね、8月になるとカープは首位を奪取しました。

8月1日、衣笠が四球を受け左肩甲骨を亀裂骨折しますが、翌日も代打で出場する鉄人ぶりを発揮しカープにも勢いがついたとか。

投手陣では北別府が17勝を挙げエースとして認知されはじめ、山根和夫も8勝を挙げ優勝に貢献。
若手だけでなくノヒッター渡辺秀武の加入も大きかったですね。中継ぎで優勝に大きく貢献しています。

最終的に2位と4.5ゲーム差をつけてセリーグ優勝!

チーム得点1位で失点は1番少なく黄金期突入のシーズンと言っても良いかもしれません!

優勝試合

タイトル獲得者

  • MVP 江夏豊
  • 最多セーブ 江夏豊
  • 打点王 山本浩二
  • 盗塁王 高橋慶彦

ベストナイン

  • 遊撃手 高橋慶彦
  • 外野手 山本浩二
1979年 最終順位
順位 チーム 勝率
1 広島 .573 67 50
2 大洋 .522 59 54
3 中日 .509 59 57
4 阪神 .504 61 60
5 巨人 .483 58 62
6 ヤクルト .410 48 69
1979年 チーム成績
球団 本塁 打率 防率 得点 失点
広島 172
(1位)
.257
(5位)
3.74
(1位)
601
(1位)
523
(1位)

日本一の軌跡

カープ2度目の日本シリーズ。

パリーグ覇者はプレイオフを勝ち上がった近鉄バファローズ。

2連敗の後に3連勝し日本一に王手をかけますが6戦目に敗戦し決着は最終第7戦にもつれ込みます。

1回に衣笠のタイムリーで先制し3回に1点を追加しますが5回に2ランで同点とされます。
6回表に水沼四郎の2ランで勝ち越しますが6回裏に1点返され緊迫した試合展開が続きます。
7回途中から抑えの江夏がマウンドに上がり総力戦もクライマックスに!

9回裏1点を追う近鉄は意地を見せ無死満塁のチャンスを迎えます。

カープ江夏は最大のピンチを迎えますが『空振り三振』『スクイズ外し』『空振り三振』で3アウトに仕留め見事カープを日本一に導きました。
この9回裏のピッチングは『江夏の21球』としてとても有名ですね。

1979年の日本シリーズは江夏の話しが先行しますがシリーズMVPは高橋慶彦です。
高橋は全7試合でヒットを放ち、打率.444の記録を残しました!
初戦で失点に絡むエラーをしていますがww・・ご愛嬌ですね。

こうしてカープは悲願の日本一を達成しました!

 カープ優勝の軌跡
Sponsored link
Sponsored link
アンケート実施中

2000年代ベスト9【遊撃】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

2000年代ベスト9【捕手】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

カープクイズ(初級)

カープの歴史クイズ初級編です。
ファンなら余裕で全問正解できると思います。
ぜひ挑戦してみてください。(全10問)



宜しければシェアお願いします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link
Sponsored link

関連記事

  1. 1980年カープ優勝
  2. 1984年カープV4日本一
  3. カープ歴代背番号1番
  4. 1986年カープV5優勝
  5. 1991年V6優勝
コメントをもらえると嬉しいです

【コメントの方法について】

コメントは管理人の認証が必要です。認証に時間がかかる場合があります・・ご了承ください。


    • 初級クイズ
    • 2017年 10月3日

    満点頂きました巨人ファンです^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。