お知らせ2016年ドラフト指名選手の詳細をまとめました。Twitterでも更新情報などつぶやいています。是非フォローよろしくお願いします。

カープ歴代背番号15番!黒田博樹まで継承の歴史と先の展望!

[公開日]2015/09/19
[更新日]2016/06/06
カープ歴代背番号15番
年代
名前
守備
1950-1951 内藤幸三 投手
1951‐1952 斉藤宗美 投手
1952 野田誠二 外野
1953‐1958 小鶴誠 外野
1959‐1961 井洋雄 投手
1962 西村宏 投手
1963 蔦行雄 投手
1964‐1967 森川卓郎 投手
1968‐1969 朝井茂治 三塁
1970‐1972 中山光哉 投手
1973‐1976 川畑和人 投手
1977 門田純良 投手
1978‐1979 下地勝治 投手
1980‐1981 安仁屋宗八 投手
1982‐1984 津田恒美 投手
1985‐1987 松林和雄 外野
1988‐1996 片瀬清利 投手
1997‐2007 黒田博樹 投手
2008‐2014 空き番  
2015-現在 黒田博樹 投手
小言
数多くの選手が15番を背負っていることから長く継承し続ける選手がいなかったようです。過去の名選手も付けている番号ですが、黒田選手が歴代最高期間背負っているので15番=黒田と言ってもよい番号ではないですかね?

背番号15番の歴史

カープ初代15番を背負ったのはカープ創設時に阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)から移籍してきた内藤幸三です。
プロ野球史上最初の奪三振王で、カープ創設初の勝利投手でもあります!
1950年~51年までプレーし引退しました。

51年の途中から斉藤宗美に引き継がれ1軍出場がないまま52年に野田誠二に継承。

53年には小鶴誠に継承されます。

小鶴誠は53年にカープに移籍してきましたが、多くの球団で活躍してきています。
首位打者や本塁打王、打点王も獲得してきた一流選手です。
カープでは6年間活躍し主に4番として打線を牽引しました。

小鶴誠が引退し15番の継承も短い年数で繰り返されます。

井洋雄が3年。
西村宏が1年。
蔦行雄が1年。
森川卓郎が4年。
朝井茂治が2年。
中山光哉が3年。

まだまだ続きます!

川畑和人が4年。
門田純良が1年。
下地勝治が2年。

1981年~82年に安仁屋宗八が広島復帰と共に15番を継承。
カープ入団時は16番でしたが(トレードで阪神に移籍してからの)復帰時は三輪悟(投手)が付けていたため15番になりました。
復帰してから公式戦での投球はありませんでしたが、80年の日本シリーズでリリーフ登板しています!
巨人キラーとして活躍した安仁屋宗八が晩年に着けた15番。

15番の扱いってこんなものかと思ってしまいますね・・・

安仁屋宗八の次に炎のストッパー津田恒美が受け継いでいます。
津田=14番ですが、新人の頃3年間は15番でした。

津田恒美が14番に変更して15番は松林和雄に継承。

その次に継承した片瀬清利は9年間15番を所持しています。
1軍定着は3年間だけで大活躍とは言えないですが、シーズン最高7勝を挙げています。

1997年のカープ入団時に15番を継承したのが黒田博樹です。
97年~07年の11年間とメジャー移籍から復帰した2015年現在も15番を背負い活躍しています。

15番の価値人気は確実に上がっています。
15番継承者史上最も活躍し、人気のある黒田の効果は間違いなくあるでしょうね。

そして2015年で40歳の黒田博樹。引退も遠からず来ます・・・

若手有望株の投手もたくさんいる中、15番の次期継承者が育ってくれるのを楽しみにしましょう!!

関連記事
Sponsored link
Sponsored link
アンケート実施中

歴代ベスト9【二塁】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

歴代助人ベスト9【一塁】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

カープクイズ(初級)

カープの歴史クイズ初級編です。
ファンなら余裕で全問正解できると思います。
ぜひ挑戦してみてください。(全10問)



宜しければシェアお願いします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link
Sponsored link

関連記事

  1. 1980年カープ優勝
  2. 歴代背番号5番
  3. カープ歴代4番打者
  4. カープ歴代背番号18番
コメントをもらえると嬉しいです

【コメントの方法について】

コメントは管理人の認証が必要です。認証に時間がかかる場合があります・・ご了承ください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。