お知らせ2016年ドラフト指名選手の詳細をまとめました。Twitterでも更新情報などつぶやいています。是非フォローよろしくお願いします。

松山竜平の高校時代と大学のエピソード!怪我から復帰で再起を誓う!

[公開日]2015/09/01
[更新日]2015/12/11
松山竜平 プロフィール
プロフィール
出身地 鹿児島県曽於郡大崎町
生年月日 1985年9月18日
身長・体重 176cm・94kg
投打 右投左打
ポジション 外野手
松山竜平 野手データ
背番号 37番(2008‐2014)
44番(2015‐)
カープ入団 2007年 ドラフト 4位
推定年俸 2,800万円(2016)
出身高校 鹿屋中央高等学校
出身大学 九州国際大学
在籍球団 広島東洋カープ(2008‐)
主なタイトル・記録・表彰
  • なし

2014ホームラン
プレイスタイル

大きな体に似合わずしなやかなバットさばきの持ち主。外角の落ちる球を左中間に運ぶバッティングも度々披露しています。
インコースにも強く甘く入ればライトスタンドに軽々放り込むパワーも武器で将来の4番として期待されていました。
しかしながら思ったより本塁打数が少なく巧打者のイメージが強いです。

走力はなく守備も得意ではありません。肩力は普通。
登録は外野手ですがファーストを守ることも多いです。

松山竜平の経歴と成績

小学生の時にソフトボールを始め、小学6年生の時に全国大会で優勝。
もともと右打ちだった松山選手は小学生で左打ちに転向しています。

中学から硬式野球チームの『鹿屋ビッグベアーズ』に所属し、ボーイズリーグで活躍。

高校は鹿屋中央高校に進学し、1年生ながら4番でエースとして活躍していました。
140㎞を超えるストレートと高校通算37本塁打を誇る強打でチームを引っ張りますが甲子園出場はありません。

大学は九州国際大学に進学し、1年生から活躍します。

大学4年間で打率、本塁打、打点でタイトルをとるなど打撃成績は群を抜いていたようです。
大学通算安打の九州六大学記録も更新しています。

通算打率は.412の4割越えで三振も少なく、大学4年の選手権大会でハンカチ王子こと斎藤佑樹から2塁打を打ったことでさらに注目されたそうです!

そして2007年ドラフト4位で広島東洋カープに入団。

背番号37をもらい、将来は永久欠番にしたいと活躍を誓いましたが、2015年から背番号44でプレーしています!

松山竜平のプロ入り後

松山竜平 プロ入り後

2008年の1年目は一軍出場を果たしますが2試合で2打席のみの出場にとどまります。
2軍では4番で活躍し打点王も獲得
安打数もリーグ1位に輝き、打率.276、本塁打6本、打点50の成績を残しました。

2年目と3年目は調子の波が激しく一軍出場はありません。
守備の課題もあったようです!

2011年は一軍出場68試合で打率.270でプロ初本塁打を含む3本のホームランを放つなどプチブレイク
2012年のオープン戦まで調子が良かったですが、2012年シーズンが始まると不振に陥り打率.204でシーズンを終えています。

2013年シーズンからレギュラーになりきれないものの安定して試合に出場するようになり規定打席未到達ながらも打率.282で本塁打も10本放っています!

2014年はケガの影響で80試合出場にとどまりましたが打率.318、本塁打は7本で前年度との試合数(123試合)と比べるとまずまずの成績を残し、長打率や出塁率も上昇しました。

2015年は開幕スタメンに名を連ね飛躍が期待されましたがシーズン序盤に故障し戦線離脱。
復帰後は打撃で好調を維持しますが終盤に失速しています。

Sponsored link
Sponsored link
アンケート実施中

2000年代ベスト9【中継】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

2000年代ベスト9【外野】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

カープクイズ(初級)

カープの歴史クイズ初級編です。
ファンなら余裕で全問正解できると思います。
ぜひ挑戦してみてください。(全10問)



宜しければシェアお願いします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link
Sponsored link

関連記事

  1. 髙橋大樹 プロフィール
  2. 中田廉 プロフィール
  3. 船越涼太 ドラ4
  4. 栗原健太退団
  5. 美間優槻 プロフィール
  6. 塹江敦哉 プロフィール
コメントをもらえると嬉しいです

【コメントの方法について】

コメントは管理人の認証が必要です。認証に時間がかかる場合があります・・ご了承ください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。