お知らせ2016年ドラフト指名選手の詳細をまとめました。Twitterでも更新情報などつぶやいています。是非フォローよろしくお願いします。

岡田明丈の球種と球速の評価は?高校・大学の経歴や成績も紹介!

[公開日]2015/11/26
[更新日]2016/01/23
岡田明丈プロフィール
プロフィール
名前 岡田明丈(おかだあきたけ)
出身地 東京都練馬区
生年月日 1993年10月18日
身長・体重 183cm80kg
投打 右投左打
ポジション 投手(オーバー寄りのスリークォーター)
岡田明丈球種データ
背番号 17番(2016-)
カープ入団 2015年ドラフト1位
推定年俸 1,500万円(2016)
出身高校 大阪商業大高
出身大学 大阪商業大
在籍球団 広島東洋カープ(2016‐)
主なタイトル・記録・表彰
  • なし
大学時代の投球

ゆったりとしたフォームから繰り出すMAX153kmの直球が武器。
スライダーやカットボールを織り交ぜ、フォークの威力にも定評があります。
完投能力が高く体力面は申し分なしです。
コントロールも良く、打者の内角を攻める投球は岡田選手の持ち味でもありますね。

 カープ入団前の評価

前述の通り直球の評価は高く、コースに決まればプロでも手が出ないとお墨付きをもらっています。
力の抜けた投球フォームと剛速球から前田健太に近いタイプともいわれていました。
ドラフト後の登板では59球中50球がストレートというプロを意識したピッチングを披露する男気の持ち主。
ポーカーフェイスで感情を表に出ずピンチにも強いとの評価。
球団はもともと抑えとして考えていたようですが大学4年の活躍から先発へと考えを変えたようです。

カープ首脳陣も直球には合格点。強いて言うなら変化球の制度を上げてほしいみたいですね。

プロ入り同期
同級生(同学年)

岡田明丈の経歴と成績

東京生まれの岡田選手。野球は中学の軟式野球部から始めたそうです。
中学時代はサードを守っていましたが高校1年生で投手に転向しています。

高校は大阪の大阪商業大学高等学校。
投手としてエースナンバーは背負っていませんが2年生でベンチ入りし、3年時には背番号10番を背負い主力投手として活躍
3年最後の夏に大阪桐蔭戦に先発し敗戦しています。チームは大阪大会ベスト8、甲子園出場経験はありません。

高校卒業後は大阪商業大学に進学。

大学では1年生春に初登板しますが初勝利は3年生の時でした。

大学4年になり、春のリーグ戦で31イニング無失点を記録するなど活躍が注目されドラフト上位指名候補に挙がるようになります。
その後も安定したピッチングで春に6勝を挙げ最優秀投手賞を獲得しています。
秋にも6勝を挙げ、最優秀投手賞ベスト9に選ばれる活躍でリーグ戦春秋連覇に貢献しています。
4年時はリーグ戦負けなしの12勝。大学通算15勝3敗。防御率1.08

他球団1位指名
  • 巨人【桜井俊貴】
  • 中日【高橋純平】【小笠原慎之介】
  • ヤクルト【高山 俊】【原 樹理】
  • 阪神【高山 俊】
  • 横浜【今永昇太】
  • ホークス【高橋純平】
  • 日ハム【高橋純平】【小笠原慎之介】【上原健太】
  • 楽天【平沢大河】【オコエ瑠偉】
  • 西武【多和田真三郎】
  • ロッテ 【平沢大河】
  • オリクス【吉田正尚】

岡田明丈のプロ入り後

2015年ドラフト1位でカープに入団。
プロ契約金1億円+出来高5000万円、年俸1,500万円の最高評価。

背番号17番を用意されるほど期待値も高いです。

2016年。岡田明丈選手のカープの歴史が始まります!

プロ入り後の活躍更新予定です!

Sponsored link
Sponsored link
アンケート実施中

歴代ベスト9【中継】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

歴代助人ベスト9【遊撃】

投票の結果を表示する

Loading ... Loading ...

カープクイズ(初級)

カープの歴史クイズ初級編です。
ファンなら余裕で全問正解できると思います。
ぜひ挑戦してみてください。(全10問)



宜しければシェアお願いします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link
Sponsored link

関連記事

  1. 丸佳浩 プロフィール
  2. 初代カープスター選手
  3. 栗原健太退団
  4. 高橋樹也 ドラ3
  5. 飯田哲矢 プロフィール
  6. 磯村嘉孝 プロフィール
コメントをもらえると嬉しいです

【コメントの方法について】

コメントは管理人の認証が必要です。認証に時間がかかる場合があります・・ご了承ください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。